• Author首藤瓜於
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062768016
  • Publish Date2010年11月

指し手の顔 下 / 脳男2

連続爆破事件の共犯者という疑惑が残る鈴木一郎が連続殺人犯だというスクープが地元紙に載る。かつて精神鑑定を担当した真梨子に注目が集まる中、警察捜査の裏をかくように行動する鈴木一郎。残虐行為を繰り返す美貌の殺人者とは何者なのか? 乱歩賞受賞作『脳男』から7年、更なる問題作が満を持して登場。(講談社文庫)
その瞬間、彼女は永遠に声を失った。
罪と怒りと正義の行方 問題作がスケールアップ
連続爆破事件の共犯者という疑惑が残る鈴木一郎が連続殺人犯だというスクープが地元紙に載る。かつて精神鑑定を担当した真梨子に注目が集まる中、警察捜査の裏をかくように行動する鈴木一郎。残虐行為を繰り返す美貌の殺人者とは何者なのか? 乱歩賞受賞作『脳男』から7年、更なる問題作が満を持して登場。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 犯人に告ぐ 下
  • 犯人に告ぐ 上
  • 春を嫌いになった理由
  • 悪人 下
  • 悪人 上
  • シャーロック・ホームズの冒険 改版
  • 秋田殺人事件
  • 悪意
  • 時生
  • 心