• Author吉村昭
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167169404
  • Publish Date2004年3月

三陸海岸大津波

明治29年、昭和8年、そして昭和35年。青森・岩手・宮城の三県にわたる三陸沿岸は三たび大津波に襲われ、人々に悲劇をもたらした。大津波はどのようにやってきたか、生死を分けたのは何だったのか-前兆、被害、救援の様子を体験者の貴重な証言をもとに再現した震撼の書。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 聞く力、話す力 / インタビュー術入門
  • 青木俊直のどこでもiPad Proゆるゆるおえかき術
  • Re:s vol.1 / あたらしいふつうを提案する。
  • はぎれが楽しい今すぐ作りたいポーチ50
  • サンドイッチ日和
  • 山野河海まんだら / 東北から民俗誌を織る
  • 時間をおくだけで、どんどんおいしくなる熟成レシピ
  • 私の保存食ノート / いちごのシロップから梅干しまで
  • 雇用不安
  • マーマーマガジン 別冊 body&soul