• Author吉村昭
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167169404
  • Publish Date2004年3月

三陸海岸大津波

明治29年、昭和8年、そして昭和35年。青森・岩手・宮城の三県にわたる三陸沿岸は三たび大津波に襲われ、人々に悲劇をもたらした。大津波はどのようにやってきたか、生死を分けたのは何だったのか-前兆、被害、救援の様子を体験者の貴重な証言をもとに再現した震撼の書。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 本当の戦争の話をしよう
  • 息吹
  • 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです / 村上春樹インタビュー集1997ー2011
  • 誠実な詐欺師
  • 大阪地名の由来を歩く
  • 僕は人生についてこんなふうに考えている
  • 隣接界
  • 過剰な人
  • ブラインドサイト 下
  • 散歩のとき何か食べたくなって 改版