• Author京極夏彦
  • Publisher講談社
  • ISBN9784062769105
  • Publish Date2011年9月

ルー=ガルー 下 分冊文庫版

「人殺しが裁かれないのでは物語に決着がつきません。これでは」「決着なんかないわ」
「足りなかったんだ」。刑事・橡(くぬぎ)は連続殺人の被害者にある共通点を見出す。葉月は現実に脚を踏み出し、自然の手触りと匂いを知る。やがて明かされる橡の親友の末路と、カウンセラー・不破の母が死を選んだ理由。そして狼は言う。「人を殺すのは――良くないことですね」。
百鬼夜行シリーズにも連なる驚愕の結末。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • あきない世傳金と銀 十三
  • 新酒番船
  • 乱癒えず / 新・吉原裏同心抄 三
  • まよい道 / 新・吉原裏同心抄 一
  • 草笛の音次郎
  • 紅けむり
  • 影法師
  • 弥勒の月 / 長編時代小説
  • 浪人奉行 二ノ巻
  • 浪人奉行 一ノ巻