• Author迫田司
  • Publisher羽鳥書店
  • ISBN9784904702048
  • Publish Date2009年10月

四万十日用百貨店

高知県・四万十川の支流沿いの小さな谷「イチノマタ」に住むデザイナーの著者が、モノから見えるヒトと風景をつづったエッセイ「四万十日用百貨店」(2007年10~12月、高知新聞に56回にわたって連載)を全文掲載。約2年後の2009年夏、記事に紹介されたモノを集めた個展が東京で開催されることになったいきさつを書き下ろし、個展風景をカラー写真で収録する。田んぼを耕しながらデザインを生み出す著者ならではの視点をとおして、山あいの小さな谷からニホンを見晴らす。

アートディレクション ・ 原研哉

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 小説図書館の主 / 塔の下のライブラリアン
  • アスファルトの犬 / 臭覚的都市探険
  • 木暮荘物語
  • 文字の食卓
  • 問題は「タコつぼ」ではなく「タコ」だった!? / 「自分経営」入門
  • ウェブ社会のゆくえ / 〈多孔化〉した現実のなかで
  • 秘密基地の作り方
  • オフ・オフ・マザー・グース
  • チェコA to Z / +プラハ旅日記
  • デザインの輪郭