• Author東川篤哉
  • Publisher小学館
  • ISBN9784094087574
  • Publish Date2012年10月

謎解きはディナーのあとで

令嬢刑事×毒舌執事コンビの傑作ミステリ
国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。
『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。
大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は”執事兼運転手”の影山。
「お嬢様の目は節穴でございますか?」
暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに謎を解き明かしていく――
2011年本屋大賞受賞の大人気ミステリ。
書き下ろしショートショート収録!
【編集担当からのおすすめ情報】
麗子と影山のコミカルなかけ合いが楽しい!
ちょっとウザい(!?)麗子の上司、風祭警部にも注目です。
全部で6つの難事件――果たしてあなたはいくつ謎を解けるか麗子&影山とともに挑んでみてください。
単行本未収録のショートショートもお楽しみに!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 虚像の道化師 / ガリレオ7
  • あん
  • シャイロックの子供たち
  • 刑事の子
  • 長野殺人事件
  • ナミヤ雑貨店の奇蹟
  • 火の粉
  • 完全犯罪に猫は何匹必要か? / 長編推理小説
  • 素敵な日本人 / 東野圭吾短編集
  • レベル7 改版