• Author池井戸潤
  • Publisher小学館
  • ISBN9784094088434
  • Publish Date2013年7月

ようこそ、わが家へ

恐怖のゲームがはじまった
真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。
花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。
執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。
一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから、窮地に追い込まれていく。
直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 珈琲屋の人々 / 宝物を探しに
  • 下町やぶさか診療所
  • 江戸城案内仕る 将軍の朋友 / 書き下ろし長編時代小説
  • 農ガール、農ライフ
  • やっぱりミステリーが好き
  • 日本推理作家協会賞受賞作全集 68
  • 架空通貨
  • モチベーション革命 / 稼ぐために働きたくない世代の解体書
  • 夫のトリセツ
  • ヒトリシズカ