• Author石牟礼道子
  • Publisher朝日新聞出版
  • ISBN9784022515506
  • Publish Date2018年4月

魂の秘境から

たぶん石牟礼道子は初めから異界にいた。そこから「近代」によって異域に押しだされた水俣病の患者たちとの連帯が生まれたのだろう。――池澤夏樹
名作『苦海浄土』で水俣病を告発し世界文学に昇華した著者が、ホームで闘病しながら語った、水俣・不知火海の風景の記憶と幻視の光景。朝日新聞に3年にわたり連載されたエッセイを収録した最晩年の肉声。写真家・芥川仁氏による写真多数収録。
「海が汚染されるということは、環境問題にとどまるものではない。それは太古からの命が連なるところ、数限りない生類と同化したご先祖さまの魂のよりどころが破壊されるということであり、わたしたちの魂が還りゆくところを失うということである。
水俣病の患者さんたちはそのことを身をもって、言葉を尽くして訴えた。だが、「言葉と文字とは、生命を売買する契約のためにある」と言わんばかりの近代企業とは、絶望的にすれ違ったのである。(本文「原初の渚」より)」

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • いくつになっても、今日がいちばん新しい日
  • この世界の片隅に 前編
  • この世界の片隅に 後編
  • 粗餐礼讃 / 私の「戦後」食卓日記
  • 私の仕事 / 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築
  • 52ヘルツのクジラたち
  • ふくしま人のものがたり
  • 半藤一利 橋をつくる人 / のこす言葉
  • 小さくて贅沢な宿
  • 紅匂ふ 3