• Author島本理生
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163908410
  • Publish Date2018年5月

ファーストラヴ

夏の日の夕方、多摩川沿いを血まみれで歩いていた女子大生・聖山環菜が逮捕された。彼女は父親の勤務先である美術学校に立ち寄り、あらかじめ購入していた包丁で父親を刺殺した。環菜は就職活動の最中で、その面接の帰りに凶行に及んだのだった。環菜の美貌も相まって、この事件はマスコミで大きく取り上げられた。なぜ彼女は父親を殺さなければならなかったのか?

臨床心理士の真壁由紀は、この事件を題材としたノンフィクションの執筆を依頼され、環菜やその周辺の人々と面会を重ねることになる。そこから浮かび上がってくる、環菜の過去とは? 「家族」という名の迷宮を描く傑作長篇。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • すごい言い訳! / 二股疑惑をかけられた龍之介、税を誤魔化そうとした漱石
  • レッド・イカロス / 警視庁捜査一課八係警部補・原麻希
  • abさんご
  • 病気になりたくなかったら「急がない」「怒らない」
  • マジカルグランマ
  • 春の庭
  • 若きウェルテルの悩み
  • マンガと解説でよくわかる太平洋戦争&第二次世界大戦
  • チョコレートコスモス
  • 言ってはいけない / 残酷すぎる真実