• Author小手鞠るい
  • Publisher偕成社
  • ISBN9784036432004
  • Publish Date2018年8月

ある晴れた夏の朝

アメリカの8人の高校生が、広島・長崎に落とされた原子爆弾の是非をディベートする。肯定派、否定派、それぞれのメンバーは、日系アメリカ人のメイ(主人公)をはじめ、アイルランド系、中国系、ユダヤ系、アフリカ系と、そのルーツはさまざまだ。はたして、どのような議論がくりひろげられるのか。そして、勝敗の行方は?

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 仮面シンドローム
  • 初恋素描帖
  • カゲロウデイズ 2
  • キャプテン
  • 「ふぁあん」「ふぁあん」宿題せんならん
  • 僕だけがいない街Another Record
  • 世界からボクが消えたなら / 映画「世界から猫が消えたなら」キャベツの物語
  • 篤姫 / 幕末・維新人物伝
  • 世界から猫が消えたなら
  • SNSトラブル連鎖