• 著者宮部みゆき
  • 出版社文藝春秋
  • ISBN9784167911676
  • 発行2018年11月

希望荘

今多コンツェルン会長の娘である妻と離婚した杉村三郎は、愛娘とも別れ、仕事も失い、東京都北区に私立探偵事務所を開設する。ある日、亡き父が生前に残した「昔、人を殺した」という告白の真偽を調べてほしいという依頼が舞い込む。依頼人によれば、父親は妻の不倫による離婚後、息子との再会までに30年の空白があったという。はたして本当に人殺しはあったのか――。

表題作の「希望荘」をはじめ計4篇を収録。新たなスタートを切った2011年の3.11前後の杉村三郎を描くシリーズ最新作。

『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く人気シリーズ第4弾。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 蜜蜂と遠雷
  • オレたち花のバブル組
  • 胸の中にて鳴る音あり
  • 売れるデザインのしくみ / トーン・アンド・マナーで魅せるブランドデザイン
  • ネコと昼寝 / れんげ荘物語
  • 風花
  • 老後の資金がありません
  • ソナチネ
  • やっと居場所がみつかった
  • リバース