• Author中山七里
  • Publisher宝島社
  • ISBN9784299004161
  • Publish Date2020年4月

もういちどベートーヴェン

『このミステリーがすごい!』大賞シリーズ
累計127万部突破の大人気シリーズ! 岬洋介が挫折し、別の道へ進もうとしているときの物語。
2006年。法曹界入りした天生高春は、ピアノ経験者のようだがなぜかクラシック音楽を避ける岬洋介とともに、検察庁の実務研修を受けていた。
修習の一環として立ち会った取り調べの場に現れたのは、絵本作家の夫を刺殺したとして送検されてきた絵本画家の牧部日美子。
日美子は犯行を否認しているが、凶器に付着した指紋という動かぬ証拠が存在する。
取り調べが打ち切られようとしたそのとき、岬が突如ある疑問を投げかける……。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 月光のスティグマ
  • 合理的にあり得ない / 上水流涼子の解明
  • 使命と魂のリミット
  • ののはな通信
  • 女警
  • いぶり暮らし 1
  • ずうのめ人形
  • やせぐせがつく作りおき150 / 食べても食べても糖質オフ!
  • マンガでわかる気の相性学 気穴ちゃん!
  • いぶり暮らし 5