• Author茨木のり子
  • Publisher筑摩書房
  • ISBN9784480423238
  • Publish Date2007年4月

倚りかからず

「もはや/いかなる権威にも倚りかかりたくはない/ながく生きて/心底学んだのはそれぐらい/じぶんの耳目/じぶんの二本足のみで立っていて/なに不都合のことやある/倚りかかるとすれば/それは/椅子の背もたれだけ」。強い意志とナイーヴな感受性によって紡ぎだされた詩集『倚りかからず』に「球を蹴る人」「草」「行方不明の時間」の詩3篇と高瀬省三氏のカット16点を添えて贈る瀟洒な一冊。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 50歳からの暮らしの整え方
  • ご機嫌な習慣
  • お友だちからお願いします
  • 松尾芭蕉おくのほそ道
  • イヤシノウタ
  • 桜ほうさら 上
  • 桜ほうさら 下
  • あきらめない / 働くあなたに贈る真実のメッセージ
  • 満願
  • おとなになるってどんなこと?