• Author高橋樹一郎
  • Publisherみすず書房
  • ISBN9784622087465
  • Publish Date2018年11月

子ども文庫の100年 / 子どもと本をつなぐ人びと

子ども文庫とは、子どものための私設図書室のこと。自宅でおこなう「家庭文庫」と、公民館などでおこなう「地域文庫」がある。自らも子ども文庫を開いていた石井桃子の本をきっかけに、60-80年代に女性たちのあいだで爆発的に広がった。小さな文庫には近所の子どもたちが押し寄せ、本と出会い、親しむ居場所となった。子ども文庫は全国各地に広がり、やがて図書館づくり運動、親子読書運動などにつながっていく。市井の人びとの手によって明治から脈々と続いてきた文庫の実態を、全国を廻って調べ、子ども文庫の全体像をみせる、はじめての本。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 子どもの哲学 / 考えることをはじめた君へ
  • アルミ踏台
  • ほんほん本の旅あるき
  • Monocle Travel Guide Tokyo (Monocle Travel Guides)
  • 図書館さんぽ / 本のある空間で世界を広げる
  • 子どもが体験するべき50の危険なこと
  • ピタゴラ装置DVDブック 1
  • 木をかこう
  • プログラミングでなにができる? / ゲーム・ロボット・AR・アプリ・Webサイト・・・・・・新時代のモノづくりを体験
  • プレゼンテーションzen / プレゼンのデザインと伝え方に関するシンプルなアイデア