• Author赤川次郎
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163909493
  • Publish Date2019年1月

幽霊解放区

赤川ミステリーの世界を堪能できる、人気シリーズの第二十七弾が登場!



宇野と夕子が旅先のレストランで食事をしていると、”死んだはずの男”から「予約」の電話が入った。

この男は、かつて地元商店街会長の16歳の娘が遺体で発見された際に、店の主人の証言によって、殺人容疑で逮捕され、現場検証の直後に、トラックにはねられ、即死していた。 後日、この家族が暮らしていた家も、謎の火事で全焼してしまった。

果たして、「死者からの予約」はホンモノなのか。

被害少女は、いったい誰に殺されたのか。

不穏な雰囲気が漂う街の謎に、宇野と夕子が迫る。



表題作のほか、「ふさがれた窓」「忘れな草を私に」「悪夢の来た道」「悪魔の美しさ」「行列に消えて」「手から手へ、今」の計七篇を収録。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 孤狼の血
  • 真贋
  • 確証
  • 正義の翼 / 警視庁53教場
  • 共犯 / 幼女誘拐事件の行方
  • 朽ちないサクラ
  • 落としの金七事件簿 / 警視庁取調官
  • 検事の死命
  • 最後の証人
  • 偽弾の墓 / 警視庁53教場