• 著者畠中恵
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784101461366
  • 発行2018年12月

おおあたり

長崎屋にまたまた事件が。金次がもらった富札が百両以上の大当たりだったのだ! 噂を聞きつけた人々が金の無心に寄ってくる一方で、当たり札が偽物ではないかという疑いも出てきて──。栄吉の新作菓子の成功が招いた騒動に、跡取りとしての仕事を覚えたい一太郎の奮闘、場久が巻き込まれた夏の怪異、そして小僧時代の仁吉と佐助の初々しいお話も堪能できる、めでたくて晴れやかな第15弾。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • もののけ / 〈怪異〉時代小説傑作選
  • 西行桜
  • ヒカルの卵
  • 玉麒麟 / 羽州ぼろ鳶組 8
  • 狐花火 / 羽州ぼろ鳶組 7
  • いつもが消えた日 / お蔦さんの神楽坂日記
  • 春はやて / 時代小説アンソロジー
  • なりたい
  • おちくぼ物語
  • 花競べ / 向嶋なずな屋繁盛記