• Author夏目漱石
  • Publisher新潮社
  • ISBN9784101010137
  • Publish Date2004年3月

こころ 改版

親友を裏切って恋人を得たが、親友が自殺したために罪悪感に苦しみ、自らも死を選ぶ孤独な明治の知識人の内面を描いた作品。鎌倉の海岸で出会った"先生"という主人公の不思議な魅力にとりつかれた学生の眼から間接的に主人公が描かれる前半と、後半の主人公の告白体との対照が効果的で、"我執"の主題を抑制された透明な文体で展開した後期三部作の終局をなす秀作である。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 文学を紀行する
  • 悼む力 / 逝ったあの人へ、生きる自分へ
  • 新井満の人間交響楽
  • いつも歌謡曲があった / 百年の日本人の歌
  • 足で歩いた頃のこと / 花の詩画集
  • 俳句とあそぶ法
  • 白秋
  • 人は成熟するにつれて若くなる
  • 五十歳からの成熟した生き方 / スピリチュアルな成長へのいざない
  • ありのままで生きる / 天と人をつなぐ法則