• Author山田崇
  • Publisher日本経済新聞出版社
  • ISBN9784532176648
  • Publish Date2019年6月

日本一おかしな公務員

大真面目にナンパな地域活性化に取り組む地方公務員の、超ユニークな挑戦とは。
オレンジのパンツにモヒカンヘアー、そして元ナンパ師。一見すると、とても市役所職員には見えない著者が、人口約7万人の長野県塩尻市でナンパで面白い地域活性化策に取り組み、全国から注目を集めています。
「ワインなのだ」「月に一度の居酒屋なのだ」「ぐるぐるカレーなのだ」……シャッター商店街を活性化させるため、市職員たちが自腹で空き家を借り、独特のイベントを仕掛ける「空き家プロジェクトnanoda」ほか、超ユニークな取り組みが、街を変え始めています。
その独特の発想と取り組みは、どうやって生まれるのか。「PDCAは、小さなdoから始める」「プライベートで活動すれば、仕事にフィードバックされる」など、「公務員」の枠を超えて活躍する著者の仕事観、生き方観は、多くの人にとって面白く生きるヒントになります。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 子どもが一週間で変わる親の「この一言」
  • 子どもに伝える父のワザ52
  • お金2.0 / 新しい経済のルールと生き方
  • なぜ、彼らは「お役所仕事」を変えられたのか? / 常識・前例・慣習を打破する仕事術
  • 総理の夫 / First Gentleman
  • トビタテ!世界へ / 「世界」と「日本」、そして「自分」を再発見する留学のすべて
  • 驚きの地方創生「限界集落が超☆元気になった理由」 / 京都・あやべ発、全国に広がる「水源の里」という考え方
  • はらぺこあおむし 改訂
  • 伝わる!文章力が身につく本 / できる人は文章も上手い!
  • 地域自治のしくみと実践 / コミュニティ再生のための

Presented by