• Author加藤年紀
  • Publisher学陽書房
  • ISBN9784313150997
  • Publish Date2019年8月

なぜ、彼らは「お役所仕事」を変えられたのか? / 常識・前例・慣習を打破する仕事術

公務員には、世の中を変える力がある。
今、最も公務員に読まれるウェブサイト「Heroes of Local Government(HOLG.jp)」編集長が伝える、自治のトップランナーたちの仕事の流儀!
「出る杭は打たれる」と言われる公務員の世界にありながら、業務分野の地味・派手を問わず、自らの信念を貫き、役所の中で成果を上げてきた公務員たちがいる。
苦難にぶつかりながらも、「常識・前例・慣習」を乗り越えた10人の実践を通じて、公務員が行動・挑戦し、組織の中でやりたいことを実現するヒントを伝える。
「役所は『出る杭は打たれる』世界。頑張るほど、悪目立ちしてしまう。そう思うと、勇気が出ない」
「地域の役に立ちたいと思って公務員になったのに、やりたい仕事ができず、達成感を感じられない」
「実績をつくろうとしても、チャンスをもらえない。自己保身ばかりの上司をどう動かせばいいいか…」
「最近、くすぶっている自分がいる。このままではまずい、とわかってはいるけど…」
――そんな想い・悩みを抱える、すべての公務員に「一歩踏み出す勇気」を贈る一冊!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • “財政が厳しい”ってどういうこと? / 自治体の“台所”事情
  • kodomoe (コドモエ) 2017年 12月号
  • 僕は君たちに武器を配りたい
  • 夕張再生市長 / 課題先進地で見た「人口減少ニッポン」を生き抜くヒント
  • 経済成長って何で必要なんだろう? / Synodos readings
  • ワーク・シフト / 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉
  • 未来の働き方を考えよう / 人生は二回、生きられる
  • ニートの歩き方 / お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法