• Author小野寺史宜
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065170212
  • Publish Date2019年9月

人と人はつながっている。
たとえ、どこの誰だか知らなくても。
2019年本屋大賞第2位『ひと』の俊英、会心作!
「親御さんと、こう、親しすぎるんじゃないかと」
室屋忠仁、38歳。少年サッカークラブでコーチのボランティアをしていたが。
「こんなふうになるからもう無理だってこと」
春日真波、28歳。デート中、鈍い彼氏にきつくあたってしまったら。
「おれなら土下座だってしますけどね」
田村洋造、52歳。25歳の息子が女子高校生と付き合い、その父親に呼び出されて。
「何とかするよ。百万で、いいかな?」
国崎友恵、52歳。息子の就職の口利きのため、お金が必要に。
人は人を傷つける。けれど、予期せぬ「縁」がそれを救うこともある。
地味だからこそ心にしみて、ホッとする。
疲れたときこそ読んでほしい、あたたかな読後感!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 流浪の月
  • 開運レッスン 2
  • ゲッターズ飯田の運命を変える言葉
  • 白銀ジャック
  • あなたにありがとう。 / 暮らしのなかの工夫と発見ノート
  • 小説・秒速5センチメートル
  • 医者が教える食事術最強の教科書 / 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68
  • 蜜蜂と遠雷 下
  • 蜜蜂と遠雷 上
  • もしも一年後、この世にいないとしたら。