• Author西村京太郎
  • Publisher祥伝社
  • ISBN9784396345617
  • Publish Date2019年9月

十津川警部わが愛する犬吠の海

ダイイングメッセージは自分の名前!?
16年前の卒業旅行で男女4人に何があった?
捜査に立ちはだかる、犯人の妨害、放火…
十津川は謎を追って銚子へ!
ホテルの殺人現場に残された血文字「こいけてつみち」は、被害者の名前だった。死に際になぜ自分の名を? 十津川は、「小池鉄道」という駅が銚子にあると知り、現地へ急行。銚子電鉄の駅名愛称命名権販売事業で、終点外川駅の権利を小池が買っていたのだ。銚子と京都の二重生活を送っていた彼の目的とは? 十津川が犬吠で十六年前の事件の存在を?んだ時、哀切の真相が!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ガラスの棺 / 長編推理小説
  • 天の橋立殺人事件
  • 流れ橋殺人事件
  • 陽だまりの天使たち / ソウルメイト2
  • 青い鳥
  • 八月十五日に吹く風
  • どちらかが彼女を殺した
  • 夜行観覧車
  • そして父になる
  • 県庁おもてなし課