• Author石井頼子
  • Publisher里文出版
  • ISBN9784898064108
  • Publish Date2014年2月

棟方志功の眼

偉大なる芸術家でありながらとても人間臭い、チャーミングな祖父…。棟方志功の孫が語る、創作秘話と愛蔵品のエピソードの数々。日本民藝館館長・深澤直人氏との対談も収録。芸術家の本質に迫る1冊。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 着物がすっきり「片づく」本
  • 嘘つきアーニャの真っ赤な真実
  • 冥途のお客
  • 謎の独立国家ソマリランド / そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア
  • 居酒屋ぼったくり 11
  • 1日10分のぜいたく
  • 仲野教授のそろそろ大阪の話をしよう
  • 蕎麦屋のしきたり
  • 素晴らしき、この人生
  • おとなの教養 3 / 私たちは、どんな未来を生きるのか?