• Author小湊悠貴
  • Publisher集英社
  • ISBN9784086802970
  • Publish Date2020年1月

ゆきうさぎのお品書き / 風花舞う日にみぞれ鍋

季節は冬。年末年始、「ゆきうさぎ」の常連客たちは――
帰国した娘夫婦と温泉旅行を楽しむ彰三、息子からの思いがけない贈り物に舌鼓を打つ八尾谷夫妻、愛娘に彼氏らしき男の存在を感じ、ため息をつく花嶋――それぞれの時間を過ごしていた。
そしてバレンタイン、都築は想いを寄せていた碧に自分の気持ちを伝えて……!?
一方、碧は大樹の実家である箱根の温泉旅館・風花館を訪問することに。のんびりと観光などする予定が、旅館は大樹が借り出されるほどの忙しさ。そんなとき大樹の祖母・葉月が寝込んでしまい……。
さらに季節はめぐり3月。碧の大学卒業が近づき、勤務先となる学校での研修も始まった。ある日帰宅すると、父親の浩介がつくった「肉じゃが」が食卓に。
「ゆきうさぎ」のレシピでつくったというそれを食べながら、碧は浩介にあることを報告する――。
小料理屋が舞台のハートウォーミングストーリー、けじめと新たな出発の第9巻!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 誰にでもできる短く深く眠る法
  • 頭・心・体が強健になる朝10分の気功術
  • おまかせ満福ごはん
  • 母という病
  • 一切なりゆき / 樹木希林のことば
  • 「しつこい怒り」が消えてなくなる本
  • 「骨ストレッチ」ランニング / 心地よく速く走る骨の使い方
  • 365日、おいしい手作り!「魔法のびん詰め」
  • 骨盤教室
  • もう一度「捨てる!」技術 / 「メンテナンス!」の方法