• Author朝井まかて 小松エメル 三好昌子
  • PublisherPHP研究所
  • ISBN9784569769981
  • Publish Date2020年3月

もののけ / 〈怪異〉時代小説傑作選

おそろしくも心惹かれる、江戸のあやかし譚
夫の魂が宿った猫、喋る生首……令和を代表する女性時代作家による名作アンソロジー
「御前」と呼ばれる使い古された“筆”が、ある文字書きとの半生を語る「ぞっこん」(朝井まかて)、急死した父の口入屋を継いだ男が、歳を取らない者たちの存在に気付く「蜆塚」(宮部みゆき)、半年前に亡くなった夫が白猫になって妻のもとに戻ってきた真相が判明する「風来屋の猫」(小松エメル)など、もの悲しくも背筋が凍る短編時代小説六作を収録。
いま大人気の女性時代作家による豪華アンソロジー。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 春はまだか / くらまし屋稼業
  • 夏の戻り船 / くらまし屋稼業
  • 秋暮の五人 / くらまし屋稼業
  • 昨日の海と彼女の記憶
  • ふちなしのかがみ
  • マスカレード・ホテル
  • 火喰鳥 / 羽州ぼろ鳶組
  • あきない世傳金と銀 九
  • あきない世傳金と銀 十
  • 花競べ / 向嶋なずな屋繁盛記