• Author村上春樹
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163911939
  • Publish Date2020年4月

猫を棄てる / 父親について語るとき

時が忘れさせるものがあり、そして時が呼び起こすものがある





ある夏の日、僕は父親と一緒に猫を海岸に棄てに行った。歴史は過去のものではない。このことはいつか書かなくてはと、長いあいだ思っていた―――村上文学のあるルーツ

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 岩田さん 岩田聡はこんなことを話していた。
  • 村上かるたうさぎおいしーフランス人
  • 彼女は頭が悪いから
  • カラフル
  • 何者
  • 東京タワー / オカンとボクと、時々、オトン
  • 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
  • 食堂かたつむり
  • 鬼滅の刃 8
  • ようこそ断捨離へ / モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術