• Author塔山郁
  • Publisher宝島社
  • ISBN9784299004758
  • Publish Date2020年5月

甲の薬は乙の毒 / 薬剤師・毒島花織の名推理

ホテルマンの爽太は、薬剤師の毒島(ぶすじま)さんに思いを寄せている。
彼女は卓越した薬の知識を持ち、薬にまつわる不思議な出来事をいつも即座に解決してくれる。
きちんと管理しているはずの認知症の薬が、一種類だけなくなってしまうのはなぜ。
筋トレに目覚めた友達が抱える悩みとは。
いつものように毒島さんに薬の相談をする爽太だったが、ある出来事がきっかけで、
彼女は「今まで自分は薬の知識をひけらかしていたのではないか」と悩むように。
心配する爽太だったが、さらに、偶然出会った小説家志望の男・影山から
「毒島さんに交際を申し込もうと思っている」と言われ……
生活に役立つ薬と健康の知識も満載の薬剤師ミステリー第2弾!
『このミステリーがすごい! 』大賞シリーズ。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • もの選びで暮らしはぐんとラクになる / Keep Life Simple!世の中に、こんなに便利なものがあったのか!
  • 野菜たっぷりの漬け物レシピ / 冷蔵庫で作りおき! 作ってすぐ食べられる浅漬けから本格漬け物まで、驚くほど簡単なレシピでご紹介
  • わたしのウチには、なんにもない。 3
  • カケラ
  • 人質の朗読会
  • 月魚
  • 燕は戻ってこない
  • 逆ソクラテス
  • 満月と近鉄
  • 不機嫌なコルドニエ / 靴職人のオーダーメイド謎解き日誌