• Author汐見夏衛
  • Publisherスターツ出版
  • ISBN9784813709107
  • Publish Date2020年5月

夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく

高2の茜は、誰からも信頼される優等生。しかし、隣の席の青磁にだけは「嫌いだ」と言われてしまう。茜とは正反対に、自分の気持ちをはっきり言う青磁のことが苦手だったが、茜を救ってくれたのは、そんな彼だった。「言いたいことあるなら言っていいんだ。俺が聞いててやる」実は茜には、優等生を演じる理由があった。そして彼もまた、ある秘密を抱えていて…。青磁の秘密と、タイトルの意味を知るとき、温かな涙があふれる―。文庫オリジナルストーリーも収録!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。
  • 青くて痛くて脆い
  • 麦本三歩の好きなもの
  • マスカレード・ホテル
  • 恋話ミラクル1ダース
  • その白さえ嘘だとしても
  • 10代のための疲れた心がラクになる本 / 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法
  • さよならも言えないうちに
  • ドキュメント
  • 満月の夜に君を見つける