• Author小湊悠貴
  • Publisher集英社
  • ISBN9784086803243
  • Publish Date2020年6月

ゆきうさぎのお品書き あらたな季節の店開き

3月30日、碧はついにその日を迎えた。
「ゆきうさぎ」で働く最後の日、万感の思いをこめて仕事にとりかかる。
看板娘の“卒業"を知った常連客がぞくそくと暖簾をくぐるなか、都築の姿もそこにあり……。
碧はお世話になった多くのひとたちに感謝しながら、4年間のアルバイト生活に終止符を打った。
碧が卒業したあとの「ゆきうさぎ」スタッフたちは――
蓮の勤める洋菓子店で心乱される人物に遭遇した菜穂、夢にむかって進む星花と自分を比べて焦りを感じる慎二、別居中だった夫から思いがけない提案をされた百合、妻とともに大樹の家を出ようとした矢先にある話が舞い込んだ零一、そして、休みの日に浩介から食事に誘われ存分に語らう大樹――皆それぞれの人生を歩みはじめる。
そして3年後。碧と大樹は満開の桜の下で、お花見弁当をひろげていた。
おいしそうにお弁当を頬張る碧に、大樹は大事な言葉を告げるのだった……。
小料理屋が舞台のハートウォーミングストーリー、大団円の第10巻!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 千歳市民文芸
  • 千歳市民文芸 第46号
  • おいしい人間
  • にんげん住所録
  • キッチン1年生 / 失敗しない料理のコツ200
  • しがみつかない生き方 / 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール
  • 煮たり焼いたり喋ったり
  • ウドウロク
  • 野山の茶花 風炉編 上
  • 当たる!奇跡の心理テスト