• Authorミヒャエル・エングラー はたさわゆうこ 杉原知子
  • Publisher徳間書店
  • ISBN9784198651510
  • Publish Date2020年8月

ぼくのあいぼうはカモノハシ

気のやさしい男の子と、
ちょっとすましたカモノハシの
とぼけたやりとりが楽しい、
ほのぼのとした冒険物語。
ルフスはドイツの男の子。
お姉ちゃん、お母さんといっしょに、
くらしています。
エンジニアのお父さんは、
オーストラリアに単身赴任中。
ルフスは、お父さんと離れてくらすのを
さみしく思っていました。
そんなルフスは、
人間の言葉をしゃべるカモノハシに出会います。
そのカモノハシは、動物園から抜け出してきたと
いい、「シドニー」と名乗りました。
そしてシドニーは、
故郷のオーストラリアに帰るのを
ルフスに手伝ってほしいというのです。
「お父さんに会いたいなら、ちょうどいいでしょ」
ルフスは、シドニーを、
家に連れてかえることにしました。
家では、お母さんやお姉ちゃんに、
生きたカモノハシを持って帰ってきたことが
見つからないようにしなくてはなりません。
シドニーは、ぬいぐるみのふりをする練習…!
そして、どうしたらオーストラリアに行けるか、
ふたりで作戦を考えます。
庭の木にのぼれば、
オーストラリアが見えそうだよね?
バスで行けるんじゃない?
いや、海に行く必要があるってことは、
ボートさえあれば…。
ふたりのすることは、どれもとんちんかんですが、
オーストラリアには行けるのでしょうか?
気のやさしい男の子と、
ちょっとすましたカモノハシの
とぼけたやりとりが楽しい、
ほのぼのとした冒険物語。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 原子力のサバイバル 1 / 生き残り作戦
  • 人体のサバイバル 2 / 生き残り作戦
  • 弥生時代のサバイバル
  • 水害のサバイバル
  • 台風のサバイバル / 生き残り作戦
  • 新型ウイルスのサバイバル 1
  • 人体のサバイバル 1 / 生き残り作戦
  • ヒマラヤのサバイバル 1 / 生き残り作戦
  • ごみじゃない!
  • ほっきょくのいきもの / きらきらひかるしかけ絵本