• Author佐藤明彦
  • Publisher時事通信社
  • ISBN9784788717084
  • Publish Date2020年10月

教育委員会が本気出したらスゴかった。 / コロナ禍に2週間でオンライン授業を実現した熊本市の奇跡

コロナ禍の2020年4月。日本中の学校が休校で「機能不全」に追い込まれる中、熊本市は約4万7000人もの児童生徒にオンライン授業を実現した。これほどまで大規模なオンライン授業は、国内の自治体では前例がなく、全国で「熊本市の奇跡」と驚きの声があがった。
しかし、実は熊本市は2017年までは「ICT後進自治体」で、学校のコンピュータ普及率は、政令指定都市で下から2番目という散々な有様だった。なぜ、そんな自治体が、短期間でオンライン授業に踏み出せたのか。きっかけは、熊本地震だった。復興を担う人材を育成するため、全国に先駆けICT教育の導入を決断。その取り組みは、「ゼロリスク症候群」に陥りがちな教育行政の常識を覆すようなものだった。
●フィルタリングは最低限に
●アプリや動画視聴の制限も一切なし
●Wi-FiではなくLTEでネット接続
●「平等に」ではなく「できるところからやる」
端末の導入や環境の整備から、教員の研修・意識改革、保護者対応まで、教育委員会の鬼気迫るほどの本気の取り組みに迫る。行政・教育関係者はもちろん、ビジネスパーソンも必見の一冊!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • イヌ好きが気になる50の疑問 / なぜ吠えるの?
  • こどものころにみた空は
  • Murphy
  • I See Patterns
  • I See Shapes
  • What Comes in Threes?
  • Mr. Noisy's Book of Patterns
  • Who Took the Cookies from the Cookie Jar?
  • The Costume Parade
  • 放課後ミステリクラブ 1