• Author木田浩理 伊藤豪 高階勇人
  • Publisher日経BP
  • ISBN9784296107636
  • Publish Date2020年10月

データ分析人材になる。 / 目指すは「ビジネストランスレーター」

「データ分析」はビジネスの基本スキル
文系・理系は関係ない
 「データ分析はデータサイエンティストの仕事」というのは、もはや古い考え方です。最近では「ビジネストランスレーター」という役割も重要視されています。「データサイエンティスト」でなければできない高度な分析はありますが、ビジネスで役立てるには、必ずしも高度な分析は必要ありません。しかも、最近ではGUIを備えた「データ分析ツール」が充実し、プログラミングなどできなくてもデータ分析は可能です。
 だからといって、「ツールさえあれば、誰もがビジネスで役立つデータ分析ができる」というわけではありません。AI技術を活用し、データさえあれば自動で高度な分析をしてくれるツールもありますが、やみくもに使うとトラブルを起こしかねません。
 データ分析を“うまく”進めるには、身に付けないといけない方法論があります。本書では、著者らが成功と失敗を繰り返して見つけ出した独自の「5Dフレームワーク」という方法論を解説しています。いくら高度なデータ分析手法をマスターしたとしても、本書で説明しているような方法論を知らなければ、ビジネスで役立たせることはできません。
 本書を読むのに、データ分析の前知識は必要ありません。文系も理系も関係ありません。「データ分析はビジネスパーソンの基本スキル」となるのはもうすぐそこまで来ていると思います。「データ分析人材になる。」との決意を持って本書を読めば、ビジネスで役立つデータ分析の進め方が分かります。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 脱炭素時代を生き抜くための「エネルギー」入門
  • OD>世界の再生可能エネルギーと電力システム全集
  • 美しく、強く、成長する国へ。 / 私の「日本経済強靱化計画」
  • 日本を前に進める
  • ビジョナリー・カンパニーZERO / ゼロから事業を生み出し、偉大で永続的な企業になる
  • 彼方への挑戦
  • 地球の未来のため僕が決断したこと / 気候大災害は防げる
  • 道ひらく、海わたる / 大谷翔平の素顔
  • 教養としてのデータサイエンス
  • 探究する精神 / 職業としての基礎科学