• Author山本大平
  • Publisherすばる舎
  • ISBN9784799109496
  • Publish Date2021年4月

トヨタの会議は30分 / GAFAMやBATHにも負けない最速・骨太のビジネスコミュニケーション術

成長して少し規模が大きくなると、多くの会社では「大企業病」が発生します。社内の忖度と事なかれ主義がすべてを覆い、内向きの仕事に時間を取られているうちに、欧米企業と中国企業にすべてを取られる──そんな光景を、私たち日本人はここ数十年でどれだけ見てきたでしょうか? ところが、どんなに企業規模が大きくなっても、そうした大企業病に侵されていないように見える日本企業があります。そう、トヨタ自動車です。トヨタでは、結論が秒で出てきます。おためごかしを嫌い、浮ついた若い奴は現場のオヤジさんたちに三河弁でガッツリどやされます。本質志向の骨太なコミュニケーションがいまでもしっかり存在しているのです。
本書は、トヨタが大企業病から逃れるうえで重要な要素の一つになっている「社内でのコミュニケーション術」について、実際にトヨタマンとしてビジネス人生の基礎を築いた著者が、愛を持って振り返りつつ分析、一般に紹介する1冊です。「カイゼン」など、生産管理手法についてはすでによく知られているトヨタ自動車の社内で、実際にどんなコミュニケーションが行われているのかが明らかになります。……すべてのジャパニーズビジネスパーソン、必読の書と言えるでしょう。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • これからの「正義」の話をしよう / いまを生き延びるための哲学
  • 書く技術・伝える技術 改訂新版
  • 入門考える技術・書く技術 / 日本人のロジカルシンキング実践法
  • おとなを動かす悩み相談クエスト
  • 一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 / 公立高校教師YouTuberが書いた
  • 一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書 経済編 / 公立高校教師YouTuberが書いた
  • 「食べてはいけない」「食べてもいい」添加物
  • 1人分のレンジ飯革命 / 失敗ゼロ!秒で作れる奇跡のウマさ!
  • これからの投資の思考法 / 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた
  • イノベーションのジレンマ 増補改訂版 / 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき