• 著者倉知淳
  • 出版社実業之日本社
  • ISBN9784408556420
  • 発行2021年2月

豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

密室殺人の凶器は
まさかの豆腐!?
前代未聞のユーモア&本格ミステリ!
村上貴史氏(ミステリ書評家)絶賛!
「ロジックに染められたミステリならではのマジック」
奇想ここに極まれり――
本格ミステリの玉手箱!
戦争末期、帝國陸軍の研究所で、若い兵士が頭から血を流して倒れていた。屍体の周りの床には、なぜか豆腐の欠片が散らばっていた。どう見てもこの兵士は豆腐の角に頭をぶつけて死んだようにしか見えないないのだが……前代未聞の密室殺人の真相は!? ユーモア&本格満載、おなじみ猫丸先輩シリーズ作品も収録のぜいたくなミステリ・バラエティ!

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • そこのみにて光輝く
  • 七色の毒 / 刑事犬養隼人
  • 大阪学
  • 大阪難読地名がわかる本
  • 幸せをつかむ女と逃す女の習慣
  • 卵白洗顔 / 1日15円・魔法の美肌術
  • 散歩の達人大阪 / 大阪市内16エリア掲載!
  • 死ぬまでに行きたい!世界の絶景新日本編
  • 1週間ハワイ 改訂版
  • 四国