• 著者今野敏
  • 出版社中央公論新社
  • ISBN9784122070295
  • 発行2021年2月

任侠浴場

義理人情に厚いヤクザの親分・阿岐本雄蔵のもとには、一風変わった経営再建の話が次々舞い込んでくる。それをいつも持ち込む阿岐本の兄弟分・永神が訪ねてきたため、嫌な予感におそわれる日村。案の定、潰れかけた銭湯の債務処理の話を聞いていたはずが、いつのまにか経営再建を手伝う流れに……。乗り気な組員たちとは反対に、日村は頭を抱える。この時代に銭湯なんて建て直せるのか? そして阿岐本組は銭湯の勉強と福利厚生(?)を兼ねてなぜか道後温泉へ――。 お待たせしました! お馴染み「任侠」シリーズ第4弾、文庫化。

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 厭世フレーバー
  • 任侠病院
  • ののはな通信
  • 男たちのワイングラス
  • 定年オヤジ改造計画
  • 永遠のおでかけ
  • 白鳥とコウモリ
  • 少年と犬
  • 動機
  • カナリヤは眠れない