• Author小池真理子
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167916558
  • Publish Date2021年3月

死の島

大手出版社を定年退職後、カルチャースクールで小説講座を持つ澤登志夫、69歳。女性問題で妻子と別れて後も、仕事に私生活に精力的に生きてきた。しかし、がんに侵されて余命いくばくもないことを知るとスクールを辞め、人生の終幕について準備を始める。
講座の教え子・26歳の宮島樹里は、自分の昏い記憶を認めてくれた澤を崇拝し、傍にいることを望むが、澤はひとり冬の信州へ向かった。
澤は、最後まで自分らしく生きることができるのか。「ある方法」を決行することは可能なのか…。
プライド高く情熱的に生きてきた一人の男が、衝撃的な尊厳死を選び取るまでの内面が描きつくされ、深い問いかけを読者に与える傑作長編  
解説・白石一文

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 給食のおばさん、ブータンへ行く!
  • ファーストラヴ
  • 雅子妃悲運と中傷の中で
  • 夢の続き
  • 凍える月 / おいしいコーヒーのいれ方Second Season4
  • 少年と犬
  • がんと向き合って
  • マイ・ダディ
  • 海わたる聲 / 悲劇の樺太引揚げ船「泰東丸」命奪われた一七〇八名の叫び
  • 夫が邪魔