• Author湊かなえ
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167905231
  • Publish Date2016年1月

望郷

日本推理作家協会賞受賞! 心に刺さる連作短編集



都会から離れた島に生まれ、育った人々。

島を憎み、愛し、島を離れ、でも心は島にひきずられたまま――

日本推理作家協会賞受賞作を収録。



閉ざされた“世界”を舞台に、複雑な心模様を鮮やかに描く湊さんの連作短編(全六編)。



収録作「海の星」が日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞、選考委員の北村薫氏は、

「鮮やかな逆転がありながら、小説の効果のための意外性のため無理に組み立てられた物語ではない。筋の運びを支える魚料理などの扱いもいい。(中略)――ほとんど名人の技である」と絶賛。



自身も“島”で生きてきた湊さんが「自分にしか書けない物語を書いた」と言い切る会心作。島に生まれ育った私たちが抱える故郷への愛と憎しみ…屈折した心が生む六つの事件。推協賞短編部門受賞作「海の星」ほか傑作全六編。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 父が息子に残せる言葉 / 政財界22人の「私を育てた父の一言」
  • 鏡の背面
  • あきない世傳金と銀 十
  • 夢胡蝶 / 羽州ぼろ鳶組 6
  • きらきら眼鏡
  • 狐花火 / 羽州ぼろ鳶組 7
  • 蟻の菜園 / アントガーデン
  • 時効の果て警視庁追跡捜査係
  • ヨチヨチ父 / とまどう日々
  • 永遠のおでかけ