• Author中村文子 ボブ・パイク
  • Publisher日本能率協会マネジメントセンター
  • ISBN9784820728849
  • Publish Date2021年3月

オンライン研修ハンドブック / 退屈な研修が「実践的な学び」に変わる学習設計

《主体的なオンライン学習を実現する》
世界30ヶ国12万人が学んだ
「オンライン研修・授業」の新常識!
◆こんな悩みを感じる方へ
□オンラインでは、参加者の反応がわからなくて、正直やりづらい
□何とか研修・授業をオンライン化はしたけれど、「これでいいのか?」と内心思っている
□参加者が退屈しているのではないかと不安になることがある
□正直なところ、集合研修・授業のような「手ごたえ」を感じられない
□オンライン研修・授業の、もっと効果的な方法を知りたい
研修運営に悩む講師、学習効果を高めたい社内講師・教員、人材開発担当者必読!
オンラインの可能性を最大限に活かす
インストラクショナルデザイン+ファシリテーション+運営スキル
================
「講師・インストラクターのバイブル」とも評される
世界30ヶ国12万人が学んだ
「参加者主体の研修」ハンドブックシリーズ第5弾。
今回のテーマとなるのは、今、その必要性が急激に高まっている
「オンライン研修・授業」です。
2020年3月以降、多くの組織、学校において
研修・授業のオンライン化が一気に広がりました。
その中で、
「何とか急いで対応はしたものの、これが本当に効果的な方法なのかわからない」
といった意見をしばしば聞きます。
期せずとも始まった日本における「オンライン研修」は、
「始める」「オンライン化する」というファーストステップから、
「効果を高める」「質を高める」という段階へと移りつつあります。
それでは、質の高いオンライン研修はどのように行えば良いのでしょうか?
オンライン研修の効果を高めるためには、一体何が必要なのでしょうか?
本書では、アメリカにおいて豊富なオンライン研修(ウェビナー)の実績をもつ
ボブ・パイク氏が開発した「参加者主体の研修手法」をもとに、
参加者が主体的に学び、行動変容を促すために欠かせない
「インストラクショナルデザイン」
「ファシリテーション」
「運営・デリバリー」
の理論・考え方と実践法を紹介していきます。
本書を読むことで、
「時間配分をどうするのか」
「研修コンテンツをどのように組み立てていけば良いのか」
「参加者のビデオはオンにするべきなのか」
「オンライン学習でのグループワークはどのように運営すればいいか」
「オンライン疲れを防いで集中力を保ってもらうにはどうすればいいか」
などの素朴な疑問を解消するコツが見つかることでしょう。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 「分かりやすい表現」の技術 新装版 / 意図を正しく伝えるための16のルール
  • KPI大全 / 重要経営指標100の読み方&使い方
  • アフターコロナのマーケティング / 混迷の時代を切り開く、新しい消費の動き
  • チャートでよくわかる質問型営業 / マネするだけで最強営業部隊が育つ!
  • AI vs.教科書が読めない子どもたち
  • マーケティングプロフェッショナルの視点 / 明日から仕事がうまくいく24のヒント
  • 書く技術・伝える技術 改訂新版
  • 中小企業の「ストックビジネス」参入バイブル
  • カスタマーサクセス / サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則
  • クリエイティブな仕事をしている君へ。今日からはじめるワーク・シフト