• Author吉田篤弘
  • Publisher角川春樹事務所
  • ISBN9784758444248
  • Publish Date2021年7月

流星シネマ

「いま、ここにいない人やモノの声を聴く」──都会のへりのガケ下の町。
鯨塚があるその町で、僕は〈流星新聞〉を発行しているアルフレッドの手伝いをしている。
深夜営業の〈オキナワ・ステーキ〉を営むゴー君、「ねむりうた」の歌い手にしてピアノ弾きのバジ君。
〈ひともしどき〉という名の詩集屋を営むカナさん、メアリー・ポピンズをこよなく愛するミユキさん──
個性的で魅力的な住人が織りなす、静かで滋味深い長編小説。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 料理と利他
  • やわらかなレタス
  • このゴミは収集できません
  • この嘘がばれないうちに
  • 猫にかまけて
  • 四月になれば彼女は
  • たべるクリニック
  • これだけで、幸せ / 小川糸の少なく暮らす29カ条
  • ひとまず上出来
  • きのう、きょう、あした。 / 「あしたも、こはるびより。」あとみよそわか。