• Authorジョアンナ・メイシー モリー・ヤング・ブラウン 斉藤由香
  • Publisher日本能率協会マネジメントセンター
  • ISBN9784820729372
  • Publish Date2021年7月

カミング・バック・トゥ・ライフ 生命への回帰 新版 / つながりを取り戻すワークの手引き

《環境哲学者/活動家ジョアンナ・メイシーの実践の集大成》
生命持続型社会への大転換のためのワークブック
「SDGs」が声高に叫ばれるように、現代は、あらゆる個人、あらゆる個人が、
環境問題、自然環境の荒廃を無視したまま生きるのは難しい時代になっていると言える。
しかし、その対応、反応は一様ではなく、各組織、各個人によって様々だ。
足並みの揃わない状態においても、自然は待ってはくれない。
そして、「生命持続型社会」への転換を実現するためには、
一人ひとりの「カミング・バック・トゥ・ライフ(生命への回帰)」
(生命・支援とのつながりを取り戻すこと)
が欠かせないとも言える。
本書は、世界中の社会活動家たちに大きな影響を与えた
米国の環境哲学者、社会活動家であるジョアンナ・メイシーが培ってきた
「つながりを取り戻すワーク」の理論と実践の集大成。
成長指向型の産業社会から、生命持続型社会への大転換を目指すファシリテーションガイド。
* * *
今日、多くの人びとがそれぞれの苦悩や疎外感に取り組む一方で、
私たちは誰もが貧困、人口過剰、環境破壊といった地球規模の問題に直面しています。
こうした問題については、ともに取り組まなければなりません。
いかなるコミュニティあるいは国家であっても、
自分たちだけの力でこれらの問題を解決することはもはや不可能です。
(中略)
ジョアンナ・メイシーとモリー・ヤング・ブラウンによるこの本は、
彼女たち自身が、公私にわたってプラクティスを実践してきた経験から導き出した助言の宝庫です。
(中略)
この本の価値をただ認めるだけでなく、ここに書かれていることを実践すべく、
すべての生きとし生けるもの、そして私たちの唯一の家であるこの地球のために、
行動を起こしていただけることを願っています。
――ダライ・ラマ14世(本書より)
* * *
*注
本書は、2020年10月、株式会社サンガから刊行された『カミング・バック・トゥ・ライフ 生命への回帰』の再発行版である。
訳者、編集者の意図により、初版発売当時の内容のまま再版を行っている。

>> 続きを表示