• Author名和高司
  • Publisher日経BPM(日本経済新聞出版本部)
  • ISBN9784532324216
  • Publish Date2021年8月

稲盛と永守 / 京都発カリスマ経営の本質

京セラ、日本電産、ローム、村田製作所、オムロン、堀場製作所――。なぜこれらの京都企業はユニークな発想で経営を推し進めているのか? 本書は、小企業を世界に冠たる大企業に育てたカリスマ経営者である稲盛和夫、永守重信を比較し、両者の強み、共通点、限界を明らかにするかつてない比較経営者論。
 第Ⅰ部では、リーダーとしての人間的魅力とその背景を取り上げる。第Ⅱ部では両者のビジネスモデルを解明し、共通点と強みを明らかにする。終章では両者の夢と限界について述べる。
 二人とも、グローバルに活躍していること、B2B企業として世界トップシェア事業を数多くもっていること、未来創造に向けて自社にとどまらず幅広く種まきをしてきたことなど、数々の共通点がある。二人とも、独自の経営哲学と経営手法を確立している点でも共通している。稲盛の場合は「フィロソフィ」と「アメーバ経営」。永守の場合は「3大精神」と「3大経営手法」。ただ、それらの中身をよく知れば知るほど、両者の経営モデルの本質がぴたりと重なり合うことに驚かされる。そこで本書では、両者の経営モデルを「盛守経営」と呼ぶことにする。盛守経営には、以下の3つの共通点がある。
①「志」から出発していること。②30年先、50年先といった長期目標を立てるとともに、短期的に結果を出すことにこだわり続けること。③人の心に火をつけること。
盛守経営は、コロナ後の新たな世界を拓く経営でもある。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • シェアリングエコノミー / Airbnb、Uberに続くユーザー主導の新ビジネスの全貌
  • まちライブラリーのつくりかた / 本で人をつなぐ
  • 天才を殺す凡人 / 職場の人間関係に悩む、すべての人へ
  • NEWTYPE ニュータイプの時代
  • 世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? / 経営における「アート」と「サイエンス」
  • MaaS戦記 / 伊豆に未来の街を創る
  • 松下幸之助に学んだ人生で大事なこと
  • 「おでん屋」で企画書の書き方を学ぶ
  • 仏具とノーベル賞 京都・島津製作所創業伝
  • ミッション / 元スターバックスCEOが教える働く理由