• Author砥上裕將
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065238325
  • Publish Date2021年10月

線は、僕を描く

2020年本屋大賞第3位、ブランチBOOK大賞2019受賞。こころ温まる水墨画小説
「できることが目的じゃないよ。やってみることが目的なんだ」
家族を失い真っ白い悲しみのなかにいた青山霜介は、バイト先の展示会場で面白い老人と出会う。その人こそ水墨画の巨匠・篠田湖山だった。なぜか湖山に気に入られ、霜介は一方的に内弟子にされてしまう。それに反発する湖山の孫娘・千瑛は、一年後「湖山賞」で霜介と勝負すると宣言。まったくの素人の霜介は、困惑しながらも水墨の道へ踏み出すことになる。第59回メフィスト賞受賞作。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • ビニール傘
  • 棒がいっぽん
  • 月の満ち欠け / 岩波文庫的
  • 八月の銀の雪
  • クスノキの番人
  • マークスの山 下巻
  • マークスの山 上巻
  • Sketch from the zoo by Takeuma
  • 使命と魂のリミット
  • 司馬遼太郎が考えたこと 15