• Author兼近大樹
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163914510
  • Publish Date2021年10月

むき出し

小さい頃から、殴って、殴られるのが普通だった。誰も本当のことを教えてくれなかった。なぜ自分だけが、こんな目にあうんだろう――上京して芸人となった石山の前に現れる、過去の全て。
ここにいるのは、出会いと決断があったから。
著者渾身の、初小説。
 優しい眼差しが
 純粋な言葉が
 誠実な覚悟が
 重要な小説を生んだ。 
(又吉直樹)

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 成瀬は天下を取りにいく
  • スピノザの診察室
  • 菜の花食堂のささやかな事件簿 木曜日のカフェタイム
  • 鴨川ホルモー
  • 万引き家族
  • 百人一首百人の物語
  • むずかしすぎるまちがいさがし / こどももおとなも必ずハマる! 超超超超超超超超超超超超超超超超超超
  • 優しい音楽
  • 影に対して / 母をめぐる物語
  • 烈風ただなか