• Author三上延
  • PublisherKADOKAWA
  • ISBN9784049139525
  • Publish Date2022年3月

ビブリア古書堂の事件手帖 3

春の霧雨が音もなく降り注ぐ北鎌倉。古書に纏わる特別な相談を請け負うビブリアに、新たな依頼人の姿があった。
 ある古書店の跡取り息子の死により遺された約千冊の蔵書。高校生になる少年が相続するはずだった形見の本を、古書店の主でもある彼の祖父は、あろうことか全て売り払おうとしているという。
 なぜ――不可解さを抱えながら、ビブリアも出店する即売会場で説得を試みる店主たち。そして、偶然依頼を耳にした店主の娘も、静かに謎へと近づいていく――。
 
◆目次◆
プロローグ・五日前
初日・映画パンフレット『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』 
間章一・五日前
二日目・樋口一葉『通俗書簡文』 
間章二・半年前
最終日・夢野久作『ドグラ・マグラ』 
エピローグ・一ヶ月後

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 落英 下
  • 秋山善吉工務店
  • 贖罪の奏鳴曲
  • 落英 上
  • 5秒後に意外な結末 / アポロンの黄色い太陽
  • 宇宙が終わるまでに恋したい
  • ミライの授業
  • 独立記念日
  • その日のまえに
  • 日日是好日 / 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ