• Author西條奈加
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065282809
  • Publish Date2022年6月

亥子ころころ

“思い”のこもった諸国の菓子が、強張った心を解きほぐす――。
親子三代で営む菓子舗を舞台に、人の温もりを紡いだ傑作時代小説!
武家出身の職人・治兵衛を主に、出戻り娘のお永、孫娘のお君と三人で営む「南星屋」。
全国各地の銘菓を作り、味は絶品、値は手ごろと大繁盛だったが、治兵衛が手を痛め、
粉を捏ねるのもままならぬ事態に。不安と苛立ちが募る中、店の前に雲平という男が行き倒れていた。
聞けば京より来たらしいが、何か問題を抱えているようで――。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 鴨川食堂しあわせ
  • 書店ガール
  • 食べる私
  • 猫のお告げは樹の下で
  • 事故物件、いかがですか? / 東京ロンダリング
  • 津軽百年食堂
  • 丘の上の賢人 / 旅屋おかえり
  • スイート・ホーム
  • あなたの人生、片づけます
  • ただいま神様当番