• Author浅田次郎
  • Publisher中央公論新社
  • ISBN9784122073159
  • Publish Date2023年2月

流人道中記 上

日本中から感嘆の声、続々。
『壬生義士伝』『一路』の浅田次郎、最高の感動作。
万延元年(1860年)。姦通の罪を犯した旗本・青山玄蕃に奉行所は切腹を言い渡す。だがこの男の答えは一つ。「痛えからいやだ」。玄蕃は蝦夷松前藩へ流罪となり、押送人の見習与力・石川乙次郎とともに奥州街道を北へと歩む。口も態度も悪い玄蕃だが、道中行き会う事情を抱えた人々を、決して見捨てぬ心意気があった。この男、本当に罪人なのか?

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 龍馬、最後の三日間 / いまだ解き明かされない謎の壮絶死ー殺ったのは誰だ!?
  • 三年長屋
  • 刑事の子
  • 使命と魂のリミット
  • なぎさの媚薬 上
  • 散華 改版 / 紫式部の生涯(上)
  • 11文字の殺人 / 長編推理小説
  • ヒポクラテスの誓い
  • 蟻の菜園 / アントガーデン
  • 松本清張映画化作品集 1