• Author佐伯泰英
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167920494
  • Publish Date2023年6月

柳橋の桜 一

吉原や向島などへ行き交う舟が集まる柳橋。神田川と大川が合流する一角に架けられたその橋の両側には船宿が並び、働く人、遊びに行く人で賑わっていた。柳橋の船宿「さがみ」で働く船頭の広吉には一人娘がいた。名前は桜子。三歳で母親が出奔するが、父親から愛情を受けて育ち、母譲りの器量よしと、八歳から始めた棒術の腕前で、街の人気娘に育っていた。夢は父親のような船頭になること。そんな桜子に目を付けた船宿の亭主による「大晦日の趣向」が思わぬ騒動を巻き起こし……。涙あり、恋あり、活劇あり。待望の時代小説新シリーズの幕が開く。四か月連続刊行!

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • くらまし屋稼業
  • 老花 / 塩谷隼人江戸常勤記4
  • 剣に偽りなし / 塩谷隼人江戸常勤記3
  • 内憂 / 惣目付臨検仕る 4
  • 開戦 / 惣目付臨検仕る 3
  • 千両の首 / 斬!江戸の用心棒
  • 斬!江戸の用心棒
  • 草々不一
  • 迷子と梅干し / 気まぐれ用心棒2
  • 秋暮の五人 / くらまし屋稼業