• Author市川沙央
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784163917122
  • Publish Date2023年6月

ハンチバック

「本を読むたび背骨は曲がり肺を潰し喉に孔を穿ち歩いては頭をぶつけ、私の身体は生きるために壊れてきた。」
圧倒的迫力&ユーモアで選考会に衝撃を与えた、第128回文學界新人賞受賞作にして、第169回芥川賞候補作。
井沢釈華の背骨は、右肺を押し潰すかたちで極度に湾曲している。
両親が遺したグループホームの十畳の自室から釈華は、あらゆる言葉を送りだす--。

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 猫にかまけて
  • 三千円の使いかた
  • 先達の御意見
  • ランチ酒
  • 乳と卵
  • 元彼の遺言状
  • マンガ生涯投資家
  • 覚悟の磨き方 / 超訳吉田松陰
  • ラトビア、リトアニア、エストニアに伝わる温かな手仕事 / バルト三国の伝統的なハンドクラフトと街歩き案内
  • ひとつぼし