• 著者礒井純充
  • 出版社みすず書房
  • ISBN9784622096481
  • 発行2024年2月

「まちライブラリー」の研究 / 「個」が主役になれる社会的資本づくり

〈本を核に本や人との出会いを目指す活動であれば、まちライブラリー〉というおおらかな考えのもとで著者が提唱し、個々の人の参画・運営によって全国に千ヶ所以上形成されてきた「まちライブラリー」。始まりから12年、まちライブラリーはどのように広がってきたのか。運営者・利用者へのアンケート、関係者へのヒアリングから分析、考察する。
そこから浮かび上がってくるのは、「自生的」「社会的連坦」「日常」「主観」「自由」といった言葉で語ることのできる、人と人とのゆるやかなつながりだ。
地域の場づくりやコミュニティ形成をうながし、そこに関わる個々の人がやりがいやいきがいを感じる活動の鍵を明らかにする、小さくも示唆に富んだ一冊。
〈まちの生活は特定の日だけが充実していれば良いわけではない。日々の生活の中にあるちょっとした発見や憩いの重要性を考えると、日常性というものが何よりも大切であるということではないだろうか。ここに個々の人がまちライブラリーに惹きつけられていく大きな要因があると思う。〉(第8章 「個」が主役になるまちライブラリー)

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • アーモンド
  • 猫のお告げは樹の下で
  • 走ることについて語るときに僕の語ること
  • 神去なあなあ日常
  • 僕は馬鹿になった。 / ビートたけし詩集
  • ねこまたのおばばと物の怪たち
  • 羊と鋼の森
  • 深夜特急 4
  • 深夜特急 5
  • 深夜特急 1

この本を寄贈した人