• Author白石一文
  • Publisher講談社
  • ISBN9784065347591
  • Publish Date2024年2月

我が産声を聞きに

コロナ禍、夫の良治に乞われ、病院に同行した名香子。肺がんの診断を受けた良治は、今日からは好きな人と暮らし治療をすると告げて家を出てしまう。人生をやり直すという一方的な言い分に、二十数年の夫婦生活を思い呆然とする名香子。自らの命と真に向き合ったとき、人は何を選ぶのか。直木賞作家渾身の作。
”もう一度”
人生をやり直したかったのは、
あなただったのか、それとも――。
自分のものなのに、こんなにも自分の力でどうにもならない人生を、
生まれてしまったという理由だけで、私たちは生きている。
角田光代(文庫収録書評より)
生まれ、生き、そして死ぬ。
それって一体何だ?
 【目次】
  0 兆し
  1 影
  2 告知
  3 悪い冗談
  4 苦い思い出
  5 家出の原因
  6 ミーコ
  7 夫の恋人
  8 失敗
  9 帰郷
 10 高級な終わり方
 11 再会
 12 枯向日葵
 13 もう一度
 14 産声
   人生は作り上げられるのか 角田光代(「小説現代」2021年4月号掲載書評)
   解説 國兼秀二

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 勿忘草の咲く町で 安曇野診療記
  • となりのナースエイド
  • 共犯 / 幼女誘拐事件の行方
  • 嘆きの美女
  • 宿罪 / 二係捜査 1
  • フーガはユーガ
  • サービスの裏方たち
  • 外科医、島へ / 泣くな研修医 6
  • 食っちゃ寝て書いて
  • 源氏物語九つの変奏