• Author浅田次郎
  • Publisher文藝春秋
  • ISBN9784167907679
  • Publish Date2017年1月

黒書院の六兵衛 下

天朝様が江戸城に玉体を運ばれる日が近づく。が、六兵衛は、いまだ無言で居座り続けている……。虎の間から、松の廊下の奥へ詰席を格上げしながら、居座るその姿は、実に威風堂々とし日の打ち所がない。それは、まさに武士道の権化──。だが、この先、どうなる、六兵衛!浅田調に笑いながら読んでいると、いつの間にか、連れてこられた場所には、人としての義が立ち現れ、思わず背筋がのび、清涼な風が流れ込んでくる。奇想天外な面白さの傑作です。解説・青山文平

>> 続きを表示

Recently borrowed books by this book borrower.

  • 守り刀の声
  • 判じ物の主
  • 包丁人の首
  • ふるさと銀河線 / 軌道春秋
  • 手向けの花
  • 目利きの難
  • 徒目付の指
  • 痴れ者の果
  • 武者鼠の爪
  • 変化 / 交代寄合伊那衆異聞