• 著者小川洋子(小説家)
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784104013036
  • 発行2003年8月

博士の愛した数式

この世界は驚きと歓びに満ちていると、博士はたったひとつの数式で示してくれた。記憶力を失った天才数学者、と私、阪神タイガースファンの10歳の息子。せつなくて、知的な至高のラブ・ストーリー。〈受賞情報〉読売文学賞小説賞(第55回)

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 花まんま
  • 螢草
  • 戌亥の追風
  • 9つの性格 / エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係
  • 牧子、還暦過ぎてチューボーに入る
  • 一〇三歳、ひとりで生きる作法 / 老いたら老いたで、まんざらでもない
  • 御宿かわせみ 11 二十六夜待の殺人 / 御宿かわせみ11
  • 御宿かわせみ 12 夜鴉おきん / 御宿かわせみ12
  • ささやかだけれど、役にたつこと
  • 魂との対話