• 著者小川洋子(小説家)
  • 出版社新潮社
  • ISBN9784104013036
  • 発行2003年8月

博士の愛した数式

この世界は驚きと歓びに満ちていると、博士はたったひとつの数式で示してくれた。記憶力を失った天才数学者、と私、阪神タイガースファンの10歳の息子。せつなくて、知的な至高のラブ・ストーリー。〈受賞情報〉読売文学賞小説賞(第55回)

>> 続きを表示

この本を借りた人が、最近借りている本

  • 乃木坂の怪談 / 怪談5分間の恐怖
  • 命の後で咲いた花
  • 百歳の力
  • 下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」
  • 検事の本懐
  • 天才画の女 改版
  • ひかりの魔女
  • 駅路 改版
  • ささやかだけれど、役にたつこと
  • イン・ザ・プール